生活習慣改善支援プログラム
Mystar利用規約

株式会社PREVENT(以下「当社」という)は、当社が運営する生活習慣改善支援プログラムである「Mystar(マイスター)」(以下「本サービス」という)利用について、以下の通り利用規約(以下「本規約」という)を定めます。

第1条 権利の許諾

  • 1.利用者は、本規約の条項にしたがって本サービスを使用する、非独占的な権利を取得します。

  • 2.利用者は個人的利用を目的としてのみ、関連資料のコピーを作成できます。

第2条 定義

  • 1.利用者とは、本サービスに参加する方とします。

  • 2.利用者に代わる支払い者とは、利用者本人に代わって利用料金を支払う方を指します。例えば予め当社との合意がある場合、利用者が所属する健康保険組合や、生命保険会社が利用者に代わる支払い者に該当する場合があります。

第3条 本規約の変更

  • 1.当社は、当社が適当と判断する方法で、利用者または利用者に代わる支払い者に通知することにより、本規約を変更できるものとします。ただし、本規約の変更内容の詳細については、当社が別途定めるウェブページ上に掲示することにより、利用者への通知に代えることができるものとします。その場合、本規約の変更に関する通知の日から起算して30日以内に本サービスの解約を届けない場合、変更は承認されたものとみなします。

第4条 著作権

  • 1.本サービスに関する著作権等の知的財産権は、当社に帰属し、本サービスは、日本およびその他の国の著作権法ならびに関連する条約によって保護されています。

  • 2.当社はお客様に対し、本サービスを本規約に従って利用するために必要な限度でコンテンツを利用する権利を付与します。

第5条 本サービスの利用

  • 1.本サービスの利用料は、別途利用料金表に基づき、利用者または利用者に代わる支払い者に請求するものとします。

  • 2.面談予定日の変更は面談1回につき1度までとします。また、1回の面談につき2度の変更、無断キャンセルをされた場合は『1回分の面談を実施』したものとみなします。

第6条 利用機器の貸与及び損害賠償

  • 1.利用者には、本サービスにて貸与する機器(以下、「貸与品」という)について、適切な使用目的、使用方法に準じて利用を行っていただきます。

  • 2.万が一、通常使用による損耗を超える破損、過失による破損があった場合は、修理代に相当する費用を利用者に弁償していただきます。

  • 3.貸与品を第三者に使用させたり、譲渡、質入、転貸することを禁止します。または、貸与品を改造、改装してはいけません。

  • 4.貸与品が、正常に動作しない場合、または故障、毀損が生じた場合には、当社に対し速やかにその旨を通知するものとします。

  • 5.当社は、利用者から、利用者の故意、過失によらない故障等によって修理が必要となり貸与品の返却を受けた時は、本サービスの期間内に限り、貸与品の修理または交換を行うものとします。

  • 6.前項に関わらず、当社は、次の各号のいずれかに該当する時は、貸与品の修理または交換、費用負担を行わないものとします。

    • ⅰ.当社の指定する修理方法以外で修理を行ったとき

    • ⅱ.故障等の症状が確認できないとき

    • ⅲ.擦り傷、しみ等の外見上の軽微な破損であり、貸与品機能の品質が損なわれていないとき

第7条 貸与品の返却

  • 1.本サービスの期間が終了したときは、本サービスの期間が終了した日の属する月の翌月15日までに、別途当社が定める方法で返還するものとします。

  • 2.返却期日までに返却がなされなかった場合は、未返却に伴う損害金を支払うものとします。

第8条 利用料金及び支払い方法

  • 1.本サービスにかかわる料金および支払い条件は別途利用料金表の通りとします。

  • 2.本サービスにかかわる料金の支払いは、請求書による支払い、銀行振込、クレジットカードを利用した決済のいずれかにより行なっていただきます。なお、請求の締め日については、ご利用のクレジットカード発行会社にご確認ください。

  • 3.利用者が当社に対して支払いを遅滞した場合、当社はその債権を第三者に自由に譲渡できるものとします。

第9条 禁止事項

当社は、利用者が以下の各号のいずれかの行為を行った場合、または行う恐れがあると当社が判断した場合は、事前に通知または催告することなく、サービスの提供、利用を中断することができるものとします。

  • ⅰ.本規約に明示的に許諾されている場合を除いて、本サービスの全部または一部を複製、改変する行為

  • ⅱ.本サービスまたは使用アカウント、使用機器を第三者に使用許諾、貸与またはリースする行為

  • ⅲ.当社による本サービスの運営を妨害する恐れのある行為

  • ⅳ.犯罪に関連する行為または公序良俗に反する行為

  • ⅴ.その他当社が不適切と判断する行為

第10条 責任の制限

  • 1.当社は、利用者が本サービスの使用によって受けられた損害について、一切責任を負いません。万が一、何らかの健康被害発生した場合には、ご自身の健康保険で医療機関を受診していただきます。

  • 2.本サービスの利用により、万が一お客様の所有するハードウェア機器若しくはデータ等に支障が生じた場合でも、当社は一切その責任を負いません。

  • 3.法令により当社が損害賠償責任を負う場合においても、社会通念上、当該種類の債務不履行、不法行為等から通常発生するものと考えられる損害を超えるものへの責任を負いません。ただし本サービスについて利用者もしくは利用者に代わる支払い者が支払った額が上限額となります。

第11条 解約

利用者は、当社が定める手続きに従い、いつでも解約の届出を行うことができます。その場合、プログラム実施の有無に関わらず、すでに受領した利用料の払戻金はありません。

第12条 解除

当社は、利用者が本規約のいずれかの条項に違反したときは、利用者に対し何らの通知・催告を行うことなく直ちに本契約を解除することができます。

第13条 個人情報の管理

当社の利用者の個人情報の取り扱いについては、別途当社個人情報及び特定個人情報保護方針の定めによるものとし、利用者はこの個人情報及び特定個人情報保護方針に従って当社が利用者の個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。当社が入手した個人情報を、当該個人の同意を得ずに第三者に開示・提供することはありません。また、利用者の特別の求めがない限り、匿名加工処理を施した上で当社の学術活動、事業成果検証のために活用させて頂きます。

第14条 個人情報の保管期間

当社が保有するサーバ上に蓄積されている利用者の個人情報、要配慮情報、その他サービス内で取得される情報等は、事業継続が不可能な場合を除いて、5年間保管を行い、当社の生活習慣改善プログラムの改善に活用させて頂きます。
また、5年経過後は利用者の特別の求めがない限り、匿名加工処理を施した上で当社のサービス品質の向上のため活用させて頂きます。

第15条 準拠法及び合意管轄裁判所

本規約等に関する準拠法は日本法とし、本規約等または本サービスに関連して、利用者と当社の間で紛争が生じた場合は、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所のいずれかを第1審の専属的合意管轄裁判所とします。
改訂日:2019 年 1 月 1 日

株式会社PREVENT
代表取締役 萩原 悠太

CONTACTご相談・お問い合わせ

PREVENTのサービスに興味のある事業会社様、健康保険組合様は、
お気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちら